Return to site

[2017.10.15] Forbes Japanにて弊社サービスが飲食店を支援するテクノロジーとして掲載

- 「集客から味覚分析まで、飲食店を支援するAIテクノロジー」にて特集 -

· Forbes,メディア掲載,飲食店

2017年10月15日のForbes Japan「集客から味覚分析まで、飲食店を支援するAIテクノロジー」にて、弊社の髙島屋との取り組みが紹介され、掲載されました。
https://forbesjapan.com/articles/detail/18096

以下、本文中より抜粋。

飲食業界においても、人工知能(AI)の進出が目立ちはじめている。この業界でAIはどのように使われてようとしているのか、その動向をチェックしていきたい。


AIを使って集客を効率的に達成しようという試みには、IT企業・バカンが手掛けるプロジェクトもある。同社は相鉄アーバンクリエイツ、高島屋と組み、複数の飲食店の空き状況が一覧できるデジタルサイネージ(電子看板)を商業施設内に設置。顧客の満足度を計る実証実験をはじめており、今後、段階的に実用化していくとしている。

バカンが構想するソリューションの仕組みは、まず商業施設内に設置されたセンサーやカメラなどから、飲食店内の混雑状況をデータとして収集。そのデータをクラウド&AIで分析し、結果をデジタルサイネージに表示するというものだ。バカンは同プロジェクトを開始した経緯・意義について、次のように発表している。

「人は多いが、混雑はない。」という世界の実現に向けて、今後も尽力してまいります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly