Return to site

[2017.09.07] 取締役就任のご挨拶

- Chief Design Officer(CDO)篠原清志が株式会社バカンの取締役に就任 -

· 取締役,就任挨拶,デザイナー

コダワリを持ったモノづくりができる取締役へ

もともとは、空間建築関係のデザインからビルボードなどのグラフィックデザイン、ブランディングをテリトリーとしていました。1人でもやっていけるようコストと人を含めてプロジェクト全体を見れるようにと、プロデューサーへと転身、気がついたら、とても優秀な仲間に囲まれて、今ここに取締役として就任させていただくことになりました。

「良いモノ創り」をするには、「良い仲間」が必要で、自分と出会ってしまったがために巻き込まれてしまった腕の立つ仲間がいます。

彼らを、将来が約束された道から、道の続きがあるかどうかもわからない夜の山道に引きずり込んだからには、自分がやりたいことをただやるだけではいけないと感じました。

だから、「人生の一部を共有してくれると決意してくれた仲間」や「彼らを取り巻く家族」を幸せにできないといけないと考え、ひとつの責任として取締役に就任させていただくという形をとらせてもらいました。

モノ創りと並行して、「会社を大きくするコト」を考えながら貢献できれば、メンバーやお世話になっている方々に少しは恩返しができるかなと考えています。

今はまだモノ創りが中心ですが、これからも人との出会いに感謝しながら

振り切ったアイデアを出し続け、シンプルに良い会社創りに確実に貢献していきます。

自分が思い描く理想の世界が実現できるまで、常に考え続けます。

篠原 清志(Kiyoshi Shinohara) 取締役 / CDO
空間デザイン及びプロダクトデザインのプロフェッショナルとして、国内コンペでの優勝後、大手電機メーカーにてデザイナーとして勤めた後、カナダでフリーランスのデザイナーとして渡り歩き、ファッションショーのモデルとしても活躍。帰国後は大手IT企業でデザインシンキングを活用し、プロデューサーおよびディレクターとして、サービスをリード。2017年9月より株式会社バカン取締役に就任。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly